ファッション 育児

【子どもの入学式】着物の種類、口コミ付き!着物レンタルのおすすめ3選

2022年12月3日

入学式 着物レンタル

日本人ならではの正装であり上品で華やかな印象を与える着物ですが、着る機会がなかなかありません
そんな中子どもの入学式、晴れ舞台で一般的に着用するのはスーツ 着れるなら着物で!と思う方も少なくないかと思います
お母さんにとっても大切なイベントです。後悔しないようチャレンジしてもいいと思います!

着物について詳しくはこちら

母親が入学式で着る着物と帯の種類

入学式にお母様が着用する着物の種類は、訪問着か色無地が一般的です。
訪問着は肩や胸に柄が入っている、フォーマルから普段着として活用できる着物で、格式が高く華やか、品が良く見えるため、一着持っているだけでどのシーンでも着こなすことができます。
色無地は柄が入っていない単色の着物なので、落ち着いた品の良さがある印象を与えます。
帯の柄によって全体の印象が変わることもあり、訪問着と同様に一着あれば様々なシーンで活用できます。
黒色の生地に五つ紋が入っている黒留袖や黒の生地以外で裾のみ絵柄が入っている色留袖は、最高格の着物。結婚式や披露宴に限られるため、入学式では着用しないようにしましょう。
また生地全体に柄が入っている小紋は、派手めなデザインなため、入学式では浮いてしまう恐れがあります。選ばないようにするのが無難です。
着物に合わせる帯は、袋帯の二重太鼓結びが一般的です。二重太鼓結びは帯が重なる=喜びが重なるという意味があるため、縁起が良いとされています。初心者でも手軽に結べることもあり、基本的な結び方なので覚えておくと便利です。

入学式での着物を選ぶ

入学式で着物を選ぶ際に絶対に覚えておくべきマナーが3つあります。

  • 着物は派手な柄は選ばない
  • 着物の柄や色合いは季節に合ったものを選ぶ
  • 髪型や草履は着物に合わせる

では、1つずつみていきましょう。

着物や草履は派手な柄は選ばない

入学式はあくまで子どもが主役です。子供より目立ってしまう、派手な柄や色合いは控えるようにしましょう。
金箔が散りばめられている柄もあり、華やかで上品があるように見えてしまいますが、とにかく目立ちます。周りのお母様方からの印象も良くないため、今後のコミュニケーションにも影響が出てしまう恐れもあります。
お母様は子どもを見守る側であり、主役ではないことを忘れてはなりません。

着物の柄や色合いは季節に合ったものを選ぶ

着物は季節に合った柄や色合いを選ぶようにしましょう。
入学式は春にあるので、桜色や若草色の淡い色を選ぶのが一般的です。
濃い色や地味な柄を選んでしまうと、周りのお母様方と並んだ時に浮いてしまう恐れもあります。
子どもの門出をお祝いする式なので、好きな柄や色合いだけで決して選ばないようにしましょう。

落ち着いたヘアスタイルにする

着物を着た際の、着物や草履の時と同様に、派手なヘアスタイルは控えるようにしましょう。
全身のコーディネートに合った落ち着きのある、上品な印象のヘアスタイルが無難です。
一般的なのは、高めの位置に一本に結わえてお団子にしたり、少しアレンジを入れるヘアスタイル。
単色のかんざしやバレッタを使うと、より着物にも合う、おしゃれなヘアスタイルに仕上がります。

着物のレンタル

着物は小物を含めて全て購入すると約30万円〜40万円かかってしまいます。
子どもの入学式や卒業式でしか使わないとなると、購入するのはもったいないと感じてしまいますよね。
もったいないと感じたら、着物をレンタルしてみましょう。
レンタル相場は約2万円程なので、子どもが1人のご家庭はレンタルの方が安くすむのでおすすめです。
また、着物は持っているけれど、毎回同じ着物を着ていくと周りの目線も気になると感じるお母様もいますよね。
自分が持っている着物とレンタル会社にある着物の柄や色合いを比較してみるのもいいですね。レンタル会社の着物は、種類も豊富でお値段もかなりお手頃です。
レンタルするにはちょっと不安だと感じているお母様方のために、口コミ評価が良い、お得感満載のレンタル会社を3つご紹介します。

RENCA

サービスが充実しているので、誰もが得した気分になるレンタル会社です。
まず誰もがめんどくないと感じてしまう会員登録は不要なので、すぐにレンタルの手続きを行うことができます。
小物をまるまる一式借りることができるので、小物だけを別で購入する必要もありません。
また、送料は価格に含まれていることもあり、別で支払うこともありません。返却する際は着払い伝票で返却すれば問題ないため、得した気分でレンタルが可能なのです。
レンタルした着物を汚す心配があるお母様は「あんしんパック」をご利用してみましょう。1000円を事前に支払っておくと、万が一汚してしまった場合でも保証される仕組みとなっております。
お客様がより着物を着やすく、楽しんで着てもらえるような細かな心遣いを感じることができるので、使って損はないと言えます。

口コミ

  • 甥っ子の七五三用に利用しました。地元では、なかなか振袖を借りるところも少ないので、レンカのサービスは助かりました。
  • レンカのサイトを見てみると圧倒的に商品数が多かったです。その為、自分好みの振袖に出会えました。
  • 種類も豊富なので、あれもこれもと目移りしてしまい迷いますがどれを選んでも素晴らしいです!
みん評
VASARA

京都や浅草を中心に全国で22店舗展開しているレンタル会社です。
入学式や卒業式、結婚式やお葬式など、冠婚葬祭で活用できる着物が数多く取り揃えています。
最大の特徴が他のレンタル会社と比べると、レンタル料金が安くすむということ。
webで予約すると着付け・ヘアセット・小物レンタル込みで2900円〜レンタルが可能なので、とてもお得に着用できます。
特にヘアセットは無料なのにも関わらず、凝ったアレンジをしてくれるので、リピーターも続出。アイロンを使わない範囲で、可愛く上品なヘアアレンジをしてくれると評判です。

口コミ

  • 華やかなものから、今流行りのレースをあしらったレトロモダンな着物まであるので、自分の着たい着物が選べると思います!
  • 着用する3日前までに到着するようにしてくれるのも有り難いです。試着をして、帯や髪型なども考えることが出来たのが嬉しかったです。
  • 柄も子供からお年寄りまで楽しめる物が揃っていました。選ぶのも楽しく、着るのも凄く心地良くて素晴らしかったです。
みん評
wargo

京都嵐山や鎌倉を中心に全国19店舗展開しているレンタル会社です。
冠婚葬祭で着用できる着物はもちろん、夏には欠かせない浴衣もレンタルが可能です。
着物は9900円〜レンタル可能で、送料も無料。着物が汚れた時に使える「安心保証サービス(事前に1000円支払う)」も活用できます。
利用日30日前まではキャンセル料金が一切かからないため、急に着物を使わなくなってしまった場合でも安心してレンタルすることができます。

口コミ

  • 値段は安くはないですが、質のいい置物がたくさんあって、迷ってしまうほどでした。選びたい放題なのはすごくいいと思います。
  • 近くに店舗がありましたので、着付けを頼みに行きました。手際よく着付けをしてくれた点が印象に残っています。
  • とってもおしゃれで、デザイン性が高い着物が多くあり、選ぶのに迷いました。訪問着をレンタルしたのですが、とても質もよくて気に入りました。着心地も、とても良くて、サイズ感もピッタリです。
みん評

入学式に持っていくバッグは着物に合っていればOK


入学式の着物に合わせる小物の中で「バッグ」は、人の目に触れやすいため、重要なアイテムの1つです。
着物に合わせるバッグは、入学式以外にも結婚式やお茶会にも合わせられる「和装用のバッグ」が一般的。
しかし、普段使いができないということもあり、入学式のみの使用で購入するのがネックというお母様もいます。
和装用のバッグを購入するのが難しい場合は、洋服と兼用できる「洋装用のバッグ」を使用しましょう。
実は和装用のバッグを必ず使用しなくてはならないという決まりがないため、着物に合っていれば洋装用バッグの使用がOKなのです。
形状は横長タイプがおすすめ!洋装用バッグを選ぶ際のポイントは4つ。

  • 持ち手が短い
  • 金具や凸凹がない
  • 軽量
  • 着物の柄や色合いに合わせる


着物の柄や色合いを確認しつつ、軽量で持ち手が短いバッグを選ぶようにしましょう。
ベージュや白のカラーはどの着物の色にも合わせやすく、洋服にも使えるためおすすめのカラーです。
入学式では荷物が多くなることもあり、バッグは軽量なものを使うのがおすすめです。もしバッグが小さく、荷物が入らない場合は、サブバッグを用意しておくのもいいでしょう。
注意点として、バッグの金具や凹凸部分が着物に触れてしまうと、生地を傷める原因となってしまいます。
今後使えなくなってしまう恐れもあるため、実用面をしっかり考えて選ぶようにしましょう。
着物をレンタルする場合、オプションとして小物一式もレンタルできる会社もあります。着物と合わせられるバッグも用意できるため、購入が難しい場合は、一度レンタル会社に確認をしてみましょう。

いろんな考え方

着物を着ることにもいろいろな意見がありますし、それぞれにさまざまな事情があります。時には批判をしてくる人もいるでしょう 

最終的に決めるのは自分です

時には周りに合わせるのも大切です、これからの付き合い方に影響してしまう可能性もあるので盛り上がりすぎて周りが見えなくならないよう注意しましょう

否定的な意見も

まとめ

着物を一回着用すると、また着たいと思わせてくれる魅力があります。

どの季節、どのシーンでも着こなすことができるため、購入が難しい場合はレンタル会社をぜひ利用してみましょう。
季節に合った、上品な着物を選んで、子供の成長を目に焼き付けながら見届けてください。

注意点は子どもより目立たない

入学式は子どもが主役です。派手な柄や色合いは控えるようにしましょう。

あわせて読みたい

-ファッション, 育児