ライフハック

ホワイトボードマーカーが服についた時の落とし方!水性と油性の違い!極太・極細・細字おすすめ商品&100均でも買える?インクが出ない時の復活方法

ホワイトボードマーカーが服についた時の対処法

ホワイトボードマーカーが服についてしまった!

そんな時は、薬局などで販売されている無水エタノールで落とすことができます。
慌てず、落ち着いて処理してくださいね。

それでは、その方法を詳しくご紹介していきます。

ホワイトボードマーカーが服についた時の落とし方

ホワイトボードマーカーが服についた時は慌てず、下記のものを準備してください。

  • 無水エタノール
  • 汚れてもいい布切れもしくはティッシュ
  • 汚れもいいビニール

無水エタノールは薬局やドラッグストアで購入できます。

無水エタノールが無い場合、手ピカジェルなどのアルコールジェルでも代用できますよ。
ただし、エタノール入りのものにしてくださいね。

また、除光液でも代用できますが、その際はプロピレングリコール類含有のものにしてください。
それ以外だと落ちません。

それでは、手順について詳しく説明します。

  • 無水エタノールを汚れた衣類の目立たないところに少しつけてみて、衣類が傷まないか、衣類の色が変わらないか確認してください。
  • 周りを汚さないために、ビニールを敷いた上で作業をします。
    インクがついた部分を下に向け、その下に布切れを1枚あてます。
  • 無水エタノールを汚れの裏から少しづつ染み込ませます。
  • 布切れで衣類をたたいて、インクを上下の布切れに移行させます。

この作業を何度か繰り返して、インクが染み出さなくなれば終わりです。
インクが落ちたら、その後は普通に洗濯して大丈夫です。

ビニールレザーや本革など洋服の種類によっては、落ちない場合があります。
落とす際は、十分に換気をしてから行ってください。

ホワイトボードマーカーでうっかり衣類に描いてしまったら、落ちるか不安になりますよね。
そんな時も焦らず、この方法を試してみてください。
時間がたつと落とせなくなる場合もあるので、早めに取り掛かってくださいね。

ホワイトボードマーカーの水性・油性の違いは?

ホワイトボードマーカーには水性・油性どちらもあります。

ちなみに上記でご紹介したホワイトボードマーカーの落とし方は水性・油性どちらでも効き目があります。
そもそも油性と水性でどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、ホワイトボードマーカーの水性・油性の違いやメリットなど、それぞれの特徴をお話ししていきます。

水性

ホワイトボードマーカーの水性は、サラサラと滑らかに書ける特徴があります。
また、油性のように独特なアルコールの匂いがしません。
小さいお子さんが使用する場合は水性のほうがいいかもしれませんね。
ただし、水性マーカーは色が移りやすいので、袖口につかないよう注意が必要です。

油性

ホワイトボードマーカーの油性は普通の油性ペンとは少し違います。
アルコールと「剥離剤」というものが含まれています。
油性は水性に比べて、乾きが早くインクがつきやすいという特徴があります。
また、文字もくっきり見えやすいです。

匂いが気になる場合は水性、くっきり見えやすい字を書きたいなら油性を使うのがおすすめです。
家にどちらの種類もあればいざという時使い分けができますね!

ホワイトボードマーカーの極太・極細・細字など!サイズ別おすすめ商品

ホワイトボードマーカーの太さもいろいろあります。
極太・極細・細字とそれぞれのシチュエーションで使い分けるといいですよ。

サイズ別の使い所と、おすすめ商品を紹介していきます。

極太

会議や広い会場で使う時は極太がおすすめです。
目立つように大きく、太く書く時は極太が書きやすいですね。

文具・文房具のKDM 楽天市場支店
¥220 (2022/08/14 15:42時点 | 楽天市場調べ)

極細

イラストを描く時は小回りのきく極細がピッタリ。
ミニサイズの伝言板にも活用できそうですね。
こちらはイレーザーも後ろについているので、冷蔵庫などの小さなホワイトボードに便利です。

細字

どんな場面でも使える細字が1本あると安心ですね。
毎日書き換える掲示板用など普段使いにちょうどいいです。
文字がかすれてきた時に、ノックをプッシュすると濃さが戻る商品もありますよ。

ホワイトボードマーカーは100均にも売ってる?

ホワイトボードマーカーは100均にも売っています。

こちらはダイソーの商品です。
「書く・消す」どちらもできるイレーザー付きです!

小さめですが、細かい箇所を消したい時に便利ですね。

色の取り揃えも豊富ですよ♪
カラーバリエーションが多いと、色分けに使えて便利ですね。
多くの色を使うことで一気にホワイトボードが華やかになります。

100円でお得に揃えてみてもいいですね。

小さい字を書くのに便利な細いタイプも販売されています。
イラストなど細かいものを書く時に重宝しますね。

たくさんの色を使いたい時にも、100円ならお手軽に購入できます。

100均のホワイトボードマーカーの書き心地、ぜひ試してみてくださいね♪

ホワイトボードマーカーのインクが出ない時の復活方法

公式サイトでは基本的に、補充用インキ・カートリッジとの交換をオススメされていました。

他には、ゆっくりな速度で丸書きを繰り返してみる。
それでも回復しない場合は、キャップをした状態で数時間~1日程度放置し、また丸書きをするという方法でした。

公式ではお知らせされていませんが、自力で復活できる方法もあります。
試す際は、自己責任でお願いします。

油性の場合

無水エタノールか除光液をペンのキャップにいれ、キャップを閉めます。
10分ほど放置すると、書けるようになります。

油性ペンが出なくなるのは、ペン先からインクが蒸発してしまい、乾燥してインクが詰まってしまうからです。
キャップを忘れていたり、縦向きに置いたりするとインクが出なくなります。
インク自体は残っていることが多いので、詰まりを取り除けば使える可能性が高いです。

水性の場合

水性の場合はインクの乾きによるものなので、ぬるま湯に浸せば書けるようになります。

普段からキャップをする、横置きにすることを心がけて最後までホワイトボードマーカーを使えるようにしたいですね。

-ライフハック